寒の入りの祝事「成人式」

小寒を過ぎ、寒さも本格的に厳しくなる頃に迎える成人式。
前撮りやお正月に振袖を着たお嬢様を、幸せそうなお顔で見つめるご両親と祖父母様方がとても印象的で、心響く。
小さい頃を見守ってくれていた家族がいなくなって初めて、この小さな幸せに大きな感動が毎都度こみ上げてくる。
「お母さんに買ってあげた振袖を、お前が着てくれるなんて。ばあちゃん嬉しいよ。」
子育て当時のお祖母様の苦悩と、お母様の苦労、孫の孝行が一つの着物を通して豊かな愛情として咲く瞬間。
沢山の「ありがとう」を伝えることが出来る伝統行事って素晴らしい事ですね。
大人になってもこの日を機に、今日まで生きてこられた全てに「感謝」と、これからの「覚悟」を繰り返し胸に刻みたい。
100年先、1000年先もこの伝統が続きますように。
涙ぐみながらも本日完了。怒涛の2日間。さて明日は地元も成人式。どうか晴れてください!
・頂き物の着物をお持ちの方へ
お手持ちのお着物の状態、サイズ、着こなし方をアドバイスする「着物ワードローブチェック相談サービス」へどうぞ。
着物ワードローブチェック、きもの相談サービス、キモノコンシェルジュサービス